パーソナルコンピューターやスマートフォンの普及が目覚ましく、誰もがインターネットを利用する今では、気になる商品やお店、会社の情報を気軽に検索して調べることができます。消費者は「あの商品良いな」と思った段階ですぐ検索をかけ、それを販売しているお店や会社を即時に知ることができるのです。
企業である会社が作るホームページ(公式サイト、オフィシャルサイトとも呼ばれます)を誰もが目にすることができるという事は、ホームページが会社の認知度やイメージを向上させるうえで、大切なツールであるという事です。どのようなデザインのホームページを持っているかが、会社のイメージを向上させることになります。
ホームページは会社の窓口であり、そこからインターネットユーザーは、会社の各担当課に立ち寄り、様々な情報をゆっくりと知る事ができます。世界中のどこからもアクセスすることができますので、どんな遠方に住んでいても関係ありません。ホームページを充実させることが、今までにない場所からの顧客を取り込み、大きな集客につなげていくことができます。
しかし、インターネット上では、情報の鮮度が求められます。ホームページは作って、掲載して終わりのものではありません。古い情報が多いホームページはすぐに閉じられます。日々更新され、新しい情報と興味を引く内容を備えてこそ、消費者や、企業のユーザーの目に留まり、様々な利益を会社に還元していくツールになっていくのです。