ホームページという名前がきかれるようになった頃、企業がホームページを開設したことが称えられるような時代がありました。しかし、検索サーチエンジンが普及し、インターネット社会が身近にある日常を送っているユーザーが、今では当たり前になってきました。気候や時刻、製品の値段を比べる、使った感想を見る、悩みを相談する、といった様々な利用方法でアクセスしているのです。
また、就職活動のためにもホームページが利用されています。就職情報サイトと呼ばれ、ここにアクセスすることで就職に関する企業情報・採用情報を収集することができます。会社にとってホームページは広告や営業、社員募集や住所・電話番号など、掲載するだけで便利なものでありました。ホームページができ、ブログ、SNSと新たなツールが生まれ相乗効果を生み、目覚ましい効果を生んできました。
しかし、同時にユーザーの意識の変化も生まれてきているのです。インターネットは、リアルタイムで新鮮な情報を求める場です。店舗戦略や営業戦略と同じように、今現在のユーザーがどんなことに興味があるのか、そして自社に何を求められているのかを探り、ホームページを展開していく必要があります。